(日本語) 人工知能第一研究室

 
デモ大会

MATLABを用いた音源分離システム

2018年12月21日に行われた3年生によるデモ大会で発表した内容です。

<OS> Windows7

<開発環境> MATLAB R2013b

<概要>2つの音源に方向性を持たせ、目的音の方向からの音源を強調するシステムを構築し、音源分離を行いました。デモ大会では実際にその場で音源を録音して音源分離を行いました。

詳しくは以下の動画をご覧ください。

スピーカー再生による臨場感の実現

2018年12月21日に行われた3年生によるデモ大会で発表した内容です。

OS : Windows 7

開発環境 : MATLAB

動作環境 : Orion32+

16個のスピーカーを部屋の周りに配置して、元の音源とリバーブ付与した音源を正面、後方、左右のスピーカーからそれぞれ流しました。また、音量を調整することでより臨場感を向上させる工夫をしました。

元の音源(上), リバーブ付与した音源(下)

詳細は以下の動画でご覧ください。

ユーザーの感性に合わせた楽曲プレイリストの自動生成

2018年12月21日に行われた3年生によるデモ大会で発表した内容です。

<開発環境> MATLAB

<概要>ユーザーそれぞれが感じる楽曲印象(明るい・暗い など)の特徴を抽出し、個人の感性に合わせたオリジナル楽曲プレイリストを自動生成するシステムを作成しました。

詳しくは以下の動画をご覧ください。

手拍子によって踊り方を変えるロボット

2018年12月21日に行われた3年生によるデモ大会で発表した内容です。

<背景>現在単純に踊るだけのロボットは多く存在しますが一定の速さで動作するものがほとんどです。そこで自分の意思で速さを変更できるようにしたいと思い開発しました。

<開発環境>MATLAB, Julius , TOPPERS/EV3RT

<概要>手拍子のテンポが遅ければ低速で動作し、速ければ高速で動作します。詳しくは以下の動画をご覧ください。

音声付き全天球画像によるバーチャルリアリティー

2016年7月28日に行われた4年生デモ大会での発表内容です。
今回のデモではスマートフォンをHMD(ヘッドマウンドディスプレイ)にセッティングし画面に存在する四角い物体を視線マーカーで見るとピアノを演奏することができるアプリを発表しました。
またピアノ演奏アプリの応用として全天球画像に音声を付与し視線マーカー環境音を鳴らすアプリも同時に発表しました。

システムの流れは以下の通りです。

  • アプリ起動後HMD装着
  • 画面上に存在する四角い物体を選択するとピアノの音が鳴る
  • 左からド(赤)、レ(青)、ミ(黄色)、ファ(オレンジ)、ソ(黒)、ラ(緑)
    下に行って、シ(白)と鳴る。

使用した環境、機材

  • Windous10
  • Visual Stadio 2013
  • Unity 5.3.5 f1
  • 開発言語C#

詳しい説明や実際の動作は以下の動画でご覧下さい。

 

 

音声認識を用いた音楽プレイヤー

サンプルプログラムを変更し、グーグルが無料で提供している音声認識APIを利用して
Androidの音声認識を用いた音楽プレイヤーアプリを作成しました。

基本的な動作


  • テキスト入力または音声認識で文字列を入力
  • 登録してある曲名と一致した曲がある場合その曲を再生

 

詳しい動作の様子は以下の動画をご覧ください。

 

開発環境:android Studio

使用デバイス:Android

サンプルプログラムは

のプログラムを使用させていただきました。