人工知能第一研究室

 
フルート演奏音の 音場シミュレーション

フルート演奏音の 音場シミュレーション

2016年7月28日に行われたデモ大会での発表内容です。

背景・目的
私は卒業研究でフルート音の分析・合成に取り組んでいます。
そこで、その技術の一つであるインパルス応答の畳み込みをすることで音場を再現することを目的としてデモを行いました。

デモ内容
無響室で録音したフルート音に大学構内の学生会館の部屋の特性を畳み込み、音場の再現をしました。
録音の際に、マイクの位置は息の音が入らないようにベルの前に来るように配置しました。
メーカーによる違いも調べるために2種類のフルートを用いました。

〈ヤマハYFL211S:洋銀〉
録音音源

合成後

 

〈ムラマツGXⅢ :管体銀製〉
録音音源

合成後

 

結果・考察
部屋の響き(インパルス応答)を演奏音に合成することで、その部屋で演奏したような音を再現できた。メーカーによる違いは聴くだけでは分かりにくい程度だったため、分析が必要だと感じた。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です