人工知能第一研究室

 
スマホを用いた仮想相対位置における音像定位システム

スマホを用いた仮想相対位置における音像定位システム

2016年7月28日に開催されたデモ大会の発表内容です

仮想的な音源と聴取者間の位置による音の変化を再現するシステムを作成しました。

システムの機能

  • システムを起動後 進みたい方向を向いてスマホを振るとその方向に進む
  • 画面上の音源(青色ブロック)と聴取者(赤色ブロック)の相対的な位置により音の聞こえる方向や音の大きさが変化

*画面上側を正面とします

システム構成図

fdsfasdd

デモ動画

動作は以下の動画をご覧ください。

また、3分10秒付近からは実際どのように音が変わるのかの動画を付け足していますので、

是非 ヘッドホンやイヤホンで聴いてみてください。

3分10秒以降の動画では 音源: 宝箱  キャラクター: 聴取者 となっています。

開発環境、ツールなど

 

  • Windows 7
  • Visual Stadio 2015
  • Android Studio  v 2.1.2
  • Java , C#
  • Unity v 5.3.5 (32-bit)
  • Android6.0

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です