人工知能第一研究室

 
MATLABのGUI環境における可聴域検査

MATLABのGUI環境における可聴域検査

<背景>
可聴域とは人間の聞き取れる周波数領域を意味している。
一般的には20Hzから20000Hzまで聞こえると言われている。
年齢とともに可聴域は減少していく。
自分が今、どのくらいの周波数が聞き取れるか調査したいと考えた。

<システム概要>
利用者の可聴域を調べるためのシステムを作成した。
聞こえにくい周波数音源からテストを開始して、徐々に可聴できる周波数音源に変化していき、聞こえたと判断した時点でボタンを押し、テストを終了する。
その後、聞こえたと判断した周波数をもとにして確認テストを行う。

<使用した環境>
MATLAB

例として、人間が聞き取れるとされている20Hzと20000Hzの音源を用意した。
※音源を流す場合には音量に十分注意してください。
20Hz


20000Hz

以下は実際の発表の動画である。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です