人工知能第一研究室

 
心音の時間的特徴に基づく自動心音診断の研究

心音の時間的特徴に基づく自動心音診断の研究

研究背景

研究目的


聴診は専門的な知識が必要なため、コンピュータを用いることで一般の方でも
容易に心音を診断できる

従来研究

従来研究で用いられている心音の時間的特徴

心音は、Ⅰ音からⅡ音を一周期とする信号 であり、正常心音では聴取されない音
を心雑音という。

解決したい課題

聴診は様々な雑音下(空調音や話し声)で行われるためコンピュータで正しく
心音を識別することは困難ではないかと考えた

アプローチ方法


アプローチ方法
・周波数領域に着目した特徴量
・二値分類(正常か異常か)に強い識別器
・雑音抑圧

SVM(識別器)

マージンとは内部にデータ点のない、超平面に平行するスラブ平面の最大幅を
意味する

MFCC(特徴量)

雑音抑圧

雑音を含んだ信号データのパワースペクトルから、雑音のパワースペクトルの
平均値をひくことで、雑音を除去する方法

実験概要

実験条件

実験結果

周波数領域に着目した特徴量が心音には有効
雑音抑圧を行うことで心雑音までも抑圧している可能性がある

まとめ

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です